熱帯魚や水草、両生類についてのブログですよ

おひさしぶりです

いやはや、とんでもなく長い間、ブログの更新を滞らせてしまいました(汗)。

一回更新するのをやめると、何となく再開するのが難しくなっちゃいますね。


でも、自分の備忘録も兼ねてのブログなんで、とりあえず更新して今の現状を記録していきます。

現在のアクアテラリウムです。


最近はアクアライフとかでもかなり取り上げられてますよね。
植物メインの育成環境の『パルダリウム』って呼称の方が定着してくるかも…。

この水槽もアクアテラリウムよりは『パルダリウム』の方がしっくりくるかな。

マダライモリとチョウセンスズガエルも元気いっぱいです。相変わらず毎日レプトミンに飛びついてますよ。



そういえば最近チョウセンスズの腹の赤さが薄れてきたような気がします。
レプトミンばかり餌にしてるからかなぁ。

アベニー達も元気にしてます。



続いては30CUBEのアクアリウム。


3か月前の夏休みに大幅リセットを敢行。
底床はソイルをやめて田砂にしました。

底床が田砂で、さらに木化石やら入ってます。
いやー、リセット直後からの1ヶ月は水草が枯れること枯れること。
田砂に石という環境なんでpHがアルカリに傾いていたんでしょうね。
更に恐らくかなり硬度が高い環境なんでしょう。
まぁ測ってはいませんけど(笑)。

大概の水草は弱酸性の軟水を好む様ですから枯れるのは当たり前っちゃあ当たり前なんですよね。種水使ったとは云え、水も出来上がってなかったでしょうし。ブリクサなんて入れて3日で消えましたよ(笑)。


でも、2ヶ月経った頃にこの水草、ポゴステモン・ヘルフェリーを入れてみたんですよ。
そうしたら意外と難種と云われているこの水草が元気に育つこと育つこと。
どうやらこの水草は高硬度のアルカリよりの水質を好むそうな……。
うちの環境に合ったんでしょうね(笑)。




コリドラス・ハブローススやグリーンネオンも入っておりますが、一応主役は南米淡水フグとなっております。





でも、メインがフグなんでメンテナンスのエビを入れられません。ヤマトもミナミも只のエサと化してしまいますからね(それでもミナミは水草の陰で細々と増えてますが……)。
お陰で緑の髭ゴケとアオミドロがスゴいことに。テデトールでの対処が大変です。

クリプトやオークロ、ブリクサ・ショートリーフも何とか育っております。
底床がこなれてくれば、田砂でも水草水槽にする事は不可能ではなさそうですね。


でもなぁ、大好きなピンナティフィダは育たないんだよなぁ。









スポンサーサイト
コメント
No title
>一回更新するのをやめると、何となく再開するのが難しくなっちゃいますね。
全くで。うちも似たようなものですが、今度掃除をしたりするなど無理やりネタを作って何とか更新頻度をあげようと思っております。
相変わらずきれいなアクアテラリウムですね。
うち(アカハラ&ハナダ)は半年以上掃除をサボっているのでかなりひどいことになっております… 次回のネタはこれかな…
2016/11/30(水) 23:41 | URL | 崩れ #-[ 編集]
Re: No title
崩れさま

御無沙汰しております!

ネタがあってもモチベーションが持続しないと、更新が滞ってしまいますね。なかなか難しいものです。
まぁ今後も気が向いたときに、気楽にやっていきます。

アクアテラですが、意外と細部が劣化してしまってします。植物も種類によってはかなり矮小化してしまっていますしね。オープンアクアテラではないので、背の高い植物が入れられないのが悩み処です。


2016/12/01(木) 07:34 | URL | 弦太彦 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

弦太彦

Author:弦太彦
弦太彦(げんたひこ)というものです

熱帯魚や水草、両生類なんかが好きです

箱庭的な楽しさがあるよね!

『知に働けば角が立つ。
 情に棹させば流される。
 意地を通せば窮屈だ。
 兎角に人の世は住みにくい』
最近そんな思いで毎日生きてます(笑)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター