熱帯魚や水草、両生類についてのブログですよ

ヨシノボリ

去年の5月、子供の保育園の親子遠足がありました。

比較的大きな池のある公園で、皆で遊んだりお弁当を食べたりと、非常に楽しく過ごせました。

遠足終わって現地解散したあと、何となく池を覗いてみたらちっちゃい魚が何匹も泳いでいるんですよね~。
全長1㎝くらいのハゼっぽいヤツ。

網も何も持ってなかったので、とりあえずゴミ箱に捨てられていたペットボトルで何とか1匹だけ捕まえて家に連れ帰って来ました。
調べてみたらヨシノボリの稚魚の様でした。

ベランダのプランタービオに放しておいたんですが、長々放置。
今年3月になり、プランタービオも崩壊寸前。ミナミやメダカも姿を消していたのでリセットを敢行。水もほぼ干上がってしまっていました。
ヨシノボリも姿が見えなくなっていたんで死んじゃったかなぁと思っていたんですが、ビオの底床を泥系から赤玉に変えようとしたら、大きく育ったコイツがひょっこり泥の中から出てきました。
ミナミとメダカがいなくなった犯人はコイツだったんでしょうね。

そこから約3ヶ月。
今は室内のドワーフクラブ水槽の水中に住んでもらってます。
殆ど巣穴に隠れていて姿を見せないんですが昨日久々に前面に出てきていたので写真を撮りました。



よく見ると尾ヒレがオレンジなんでトウヨシノボリ(橙葦登)なんでしょうね、多分。
ヨシノボリは同定が難しいらしいんで違うかもしれませんけど。

ハゼ系は愛らしい顔してるから見ていて飽きませんね。
スポンサーサイト

パルダリウムのアクア部分

パルダリウムはどうしても陸上部分に目が行きがちですよね。
僕もブログ記事は陸上の生体や植物のことばかり書いてましたが、今日はアクア部分に関してのご紹介です。

アクア部分の全景です。

生体はアベニーパファー2匹にミナミヌマエビが3匹。
隠れていて殆ど顔を出さない太ったクーリーローチが1匹。

アベニーズはやはり可愛い(笑)。

45㎝水槽でパルダリウムを組んでいるんで、アクア部分は横幅30㎝、水深は10㎝ほどでしょうか?


少し寄ってみました。







水草はエキノドルス・テネルス、アヌビアス・ナナ、グリーンロタラ、クリプトの子株、ミクロソリウム等々。
底床は田砂ですが、かなり赤玉が混じってますね。取り除かねば……。
Co2は当然無添加、ヒーターは逆さにしたプラカゴの中に隠し、上から赤玉土を掛けちゃっています。
陸地の中に埋まってる感じですね。
フィルターは水作のSPFを、これまた陸地に埋め込み、ウィローモスもっさりの石の上から掛け流しています。
陸地全体がフィルターの役割を果たしていますので、濾過能力はかなりのものだと思っています。

ということで、パルダリウムのアクア部分の紹介でした。

最後に陸上生体たちの写真も載っけておきます。

マダライモリとスズガエル





マダライモリは基本的にフォトジェニックですね(笑)。

鬱蒼とした……

鬱蒼としたジャングルの奥地

熱帯雨林の様な雰囲気になってきたかな、と思ってます。


最近、陸上の植物がワサワサと繁りだしたので、バッサリとトリミング。
真ん中に植わっていたドラセナ・コンパクタは網蓋に完全に到達していたので引っこ抜きました。
今ではベランダビオトープの陸地部分に鎮座しております。

全体写真


非常に薄暗いパルダリウムになっております。
サイドの壁面を造形君で被った影響もあるかとは思います。
ある意味目指していたものに近いカタチなんですが、ちと暗すぎかな。



ヤドクガエルここにいたら更に映えるんだろうなぁ、と妄想中……。


プロフィール

弦太彦

Author:弦太彦
弦太彦(げんたひこ)というものです

熱帯魚や水草、両生類なんかが好きです

箱庭的な楽しさがあるよね!

『知に働けば角が立つ。
 情に棹させば流される。
 意地を通せば窮屈だ。
 兎角に人の世は住みにくい』
最近そんな思いで毎日生きてます(笑)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター