熱帯魚や水草、両生類についてのブログですよ

今日のアクアテラ

代わり映えしないですが今日のアクアテラリウム(paludarium)の全景です。

アクアテラリウムとは云ってるもののほぼビバリウムですよね(笑)。
水場の大きなビバリウム……。
日本でアクアテラリウムと云うと、水面から上に流木で陸地を作り出すイメージが強いですが、僕は陸地から水場を掘り下げるような環境にしたかったんで、こんな感じのモノが出来上がりました。
やはりpaludariumという言葉で検索されるような水槽を目指して行きたいですね。

右側の溶岩石付近。

どうにもこちら側、全体から右側が納得行く雰囲気になりません。イマイチ植物たちが馴染んでないというか、安定感がないというか……。ゴチャゴチャしすぎなんですかねぇ。
気に入らないんで、また手を加えてしまいそうな気がしています。

その右側のコツボゴケの上に遊ぶマダライモリです。

この後、カメラから逃げるように去っていきました。

最後にやはりコケの上に佇むチョウセンスズガエル。

マダライモリと云い、チョウセンスズガエルと云い、緑系の保護色を持つ彼らはコケの上に居ると、見映えがしますね。



スポンサーサイト

アクアテラリウムの細部

アクアテラリウムの細部です。
ジュエルオーキッド(マコデス・ペトラ)を植えてみました。

かなり高湿度で腰水に近い環境なんで根付いてくれるかどうか……。
多湿は好きだけど、腰水では根腐れするようですし……。

配水口付近の植物たちです。

ドラセナ・コンパクタやらミクロソリウム・グリーンフレームやらです。

アベニーズ

先日アクアショップでかなりでかいアベニーを見かけました。
印象では4㎝近くあったような。
ちとギョっとしました。
アベニーパファーってあんなにでかくなるんですね。


マダライモリさんです。

最近は溶岩石の上の茂みがお気に入りの様です(笑)。

ビカクシダ

昨年9月頃から育てているビカクシダです。多分ビフルカツムだと思います。


最近漸く貯水葉が出てきました。


最近はビカクシダのスパーバムが欲しいと思ってます。




プロフィール

弦太彦

Author:弦太彦
弦太彦(げんたひこ)というものです

熱帯魚や水草、両生類なんかが好きです

箱庭的な楽しさがあるよね!

『知に働けば角が立つ。
 情に棹させば流される。
 意地を通せば窮屈だ。
 兎角に人の世は住みにくい』
最近そんな思いで毎日生きてます(笑)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター