熱帯魚や水草、両生類についてのブログですよ

アクアテラリウム(paludarium )




色々弄ってマイナーチェンジを繰り返した45㎝アクアテラリウムですが、取り敢えず今回で基本構成は完成のつもりです。

右側にウィローモスが繁茂していた流木があったのですが、それを撤去し穴空き溶岩石を配置しました。
その上にハイゴケの絨毯。


溶岩石から顔を出すマダライモリ。


左の溶岩席周りのレイアウトも大分変更しました。

溶岩石の脇から配水しているのですが、その流木の隙間にクリプトの水上葉を置いてみました。


とりあえず水中のアベニーです。
うちではアベニーの餌にクリルグラニュールパファーを与えています。
それにしてもこのクリルグラニュールパファーは凄いですよね。アベニーの嗜好性がハンパじゃないです。
アベニー買いたいけど、冷凍赤虫の使用を家族に反対されている方は是非、お試しあれ!



では最後に、例によってクリプトコリネ・ブローサの水上葉の写真をば。


とりあえずアクアテラはこんな感じで一段落ですかね。まぁチョコチョコ植物の追加はすると思いますけど、基本構成はこんな感じで行きます。
Paludarium で検索すると出てくる画像に、少しは近づいたかなぁ。

スポンサーサイト

45㎝アクアテラリムウム(paludarium)

僕は海外でよく検索される、paludarium というカタチの水槽を目指しています。やっぱり海外の先人達は偉大ですよねぇ。

ということで、思うところあってアクアテラリウムの細部を変更です!



陸上部分に色々植えました。

アスパラガス・ナナス、アグラオネマ等々。



テラリウム部分の左側です。
アグラオネマ他、配水部分に苔玉のクリプトコリネを置いてあります。
苔玉で育つのでしょうか?



テーブルヤシ、ネスロレピス、アパラガス・ナナスが植わってます。この辺りがマダライモリの棲み家になってますね。



アクアリウム部分の全景になります。
ゼブラダニオ君には別水槽にお引っ越し頂き、今はアベニー君らの棲み家になってます。



左側のクリプトが良い感じ。
自然な感じが出てますよね~。



アクア部分の右側です。
クリプトとアマゾンチドメが見えますね~。

アベニー君も良い感じで写ってます。
床底は田砂で、ヘアーグラス・ショートを植栽してます。




クリプトコリネ・ブローサ(?)の水上葉です。
結構繁ってきましたね。
これって、ホントにブローサなんでしょうか?
確かに凹葉系のクリプトはブローサしか植えてないんですけど……。



最後にとりあえずチョウセンスズガエルです。

やっぱ、アクアテラには映えますよ!

アクアテラのサイズアップ!

皆さん、明けましておめでとうございます。

例によって長期のブログ放置でした。
でも、年末年始にアクアテラリウムに大きな変化がありましたので、ご報告です。

ジャーン!

アクアテラをサイズアップしました。

従来の30CUBEから、45㎝水槽になりました!
水槽はアクロ45。チャームさんで購入。
なぜこの水槽にしたかというと、チャームさんで専用の網蓋が売っていたから。

当たり前ですが陸上の生体がいると、脱走防止に蓋が必須。更にこの蓋は枠が木製の為、加工が簡単です。フィルター等のコードを通す部分を作らないといけませんからね。

ということで細部の紹介です。



水中部分です。今回はアクアの面積を比較的大きくしています。横幅は30㎝くらいはあるかな?
生体はロングフィンゼブラダニオとアフリカンランプアイ二匹。
ミナミヌマエビも数匹入ってます。

水草はアヌビアス・ナナ、ピグミーチェーンサジタリア、アマゾンチドメ、ミクロソリウム・プテロプスとウェンディロブ、クリプトの小さいヤツとか入ってます。






マダライモリもチョウセンスズガエルも元気です。
マダライモリの右脇の植物はボルビティス.sp ベビーリーフです。
ボルビとは名がつけられているものの、どうやらダバリア(シノブ)の仲間みたい。
水中維持は難しく、テラリウム向けのシダのようですね。
チョウセンスズの近くに写っているのはドラセナ・コンパクタ。大好きな観葉植物です。
観葉植物ではネフロレピスも新たに追加してます。
陸上にはその他、クリプトコリネ・ブローサやウェンティトロピカの水上葉が植わってます。
水上化させたアヌビアス・ナナ、ピグミーチェーンサジタリアも。
コケは相も変わらずコツボゴケです。

蓋をしていると背の高くなる観葉植物や水草の水上葉が植えられないのが悲しいですね。
アスパラガス・ナナスとか繊細な感じで好きなんですけど、すぐに背が伸びてしまい、蓋に当たっちゃいますからねぇ。エキノドルスの水上葉も入れたかったなぁ。



ということでクリプトコリネ・ブローサの水上葉です。一度死にかけましたけど見事復活。
凹ってる葉を展開してます。

それにしても、アクアテラリウムで検索してもオープンアクアテラばかりで蓋してる(陸上生体飼ってる)人って、意外と少ないですよね。

更に陸地を流木で組んでいる人が多い。

土の地面から水中部分を掘り下げる感じのアクアテラってあまりないですよね。まあビバリウムだろって言われても否定できないかなぁ。







とりあえず最後は鉄板のマダライモリとチョウセンスズの2ショット。

それにしても前の30CUBEは2013年11月に立ち上げてますから約2年維持していたことになりますね。色々馴染んでいて良かったんですが、これからはこの45㎝アクアテラを育てて行きまーす!
プロフィール

弦太彦

Author:弦太彦
弦太彦(げんたひこ)というものです

熱帯魚や水草、両生類なんかが好きです

箱庭的な楽しさがあるよね!

『知に働けば角が立つ。
 情に棹させば流される。
 意地を通せば窮屈だ。
 兎角に人の世は住みにくい』
最近そんな思いで毎日生きてます(笑)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター