熱帯魚や水草、両生類についてのブログですよ

アクアテラリウム細部

今日はアクアテラリウムの細部をご紹介します。



ストック水槽で勝手に水上化していたラージリーフハイグロです。ハイグロフィラの仲間は放置しておくと勝手に水上化してくれるので、アクアテラリウムに導入しやすいですね。



源泉掛け流し(笑)の滝の下のウィローモスです。
いまいち繁茂してくれませんね。なーんかハゲ散らかってる感じでちとみっともないなぁ。壁面にはどこから混入したのかゼニゴケが生えてきました。このウィローモス、地の溶岩石が隠れるほどになるにはまだ時間がかかりそう。



一方こちらは、流木に活着し全面を覆うウィローモスです。
これが一番自慢できるウィローモスかな。一部枯れが見受けられますが、どうしても上の方は乾燥しがちなのです。ウィローモスも巻いただけなんですけど、やっぱりどこで混入したのかわかりませんが、うっすらホソバミズゼニゴケも見えますね。



ということで、最後は流木の隙間から顔を出すマダライモリでした。うーん、マダライモリはいつかもう一匹増やしたいなぁ。
スポンサーサイト

30CUBE水槽の変遷

昨年の9月末に30CUBE水槽を立ち上げ、もうすぐ4ヶ月になります。
先日思いっきり、トリミングしましたのでこの辺りでこの4ヶ月の水槽の変遷を記録しておこうと思います。
まぁこのblogは備忘録も兼ねてやってますからね。

9月22日、水槽立ち上げ時の姿です。
水草もあまり育ってなくて、非常に
貧弱ッ貧弱ゥゥウウな感じです。


後景にネサエア・レッドを植えました。ロタラ.spも植わってます。


グロッソとタイ・ニムファを植えてみました。あと殆ど見えないけど後景にクリプトコリネ・ウェンティ・ミオヤも植えてます。


グロッソスティグマが大分育ってきました。
この頃、コリドラス・ハブローススを導入。6匹導入しましたが今は4匹しかいません(悲)。


グロッソが綺麗です。比較的綺麗な緑の絨毯と云えるのではないでしょうか。タイ・ニムファも大分大きくなりました。
うちの水槽が一番綺麗だった頃かな。


後景含め、かなりモッサリな印象は拭えません。グロッソもトリミングを失敗したのか貧弱で汚ならしいです。


んで、先日のトリミング後です。かなりスッキリしました。グロッソを引っこ抜いたので、アベニーやコリドラスは餌を食べやすくなりました。



ということで遊泳スペースが増えて非常に喜んでいる(と思いたい)アベニー3連発です。




そろそろ、新しい河豚が飼いたくなってきました。
南米淡水フグがいいか、レッドテールアカメフグがいいか。迷うところです。
嗚呼、ブロンズパファーもいいなぁ。

でもアベニーが攻撃されそうだな……。


思いっきし、トリミング!!!

このモッサリ水槽を……









思いっきりトリミング及びレイアウト変更しました。

あまりにも水草がモッサリで光が届かない所が多々出てきてましたし、そもそも魚の遊泳スペースがない!

前景にグロッソを植え込んでいましたがアベニーの餌が隙間に入り込んでしまい、アベニーが食べにくそうなので、グロッソを引っこ抜きました。

綺麗な絨毯に憧れてはいたものの、綺麗な状態で維持するのが結構難しかった気がします。
ライトをタイマーにしておらず、一日でもライトを点け忘れるとどうしても光を求めて立ち上がってしまいますからね。さすが、有茎。

後景のネサエア、ロタラも調子を崩していたんで、全て撤去。
ラージリーフハイグロは調子の良さそうなものだけ、差し戻しました。
有茎水草はピンチカットすると、ボリュームは出ますけど草自体は貧弱になっていきますね。




クリプトコリネ・ブローサだけは元気に育ってます(笑)。

久々アクアテラリウム




久々のアクアテラリウムの記事です。

うちの30CUBE水槽に植えていたハイグロフィラ・ピンナティフィダがグングン伸びてついに水面からひょっこり顔を出しました。
ほぼ水上葉っぽくなっていたのでアクアテラリウムの陸上に植えてみました。さらにその後ろに、やはり水上化したベトナムスプライトも植えてます。


ピンナティフィダとクリプトの隙間から顔を出すマダライモリ


カメラに気付き、逃げ出すマダライモリ


水面で佇むチョウセンスズガエル



そして、壁面から水が滴る溶岩石にようやく繁茂し出してくれたウィローモスです。



アクアテラリウムの水中部分です。

クラウンテールのベタが良い感じ。
更に奥のアヌビアス・ナナも水中の流木の窪みに綺麗に活着してます。


このアクアテラリウムも設置して一年以上になります。ようやく色々安定してきたかなぁ。

何ガエル?

最近疑問に思っていることがあります。

それはこいつの事。


Magnificent tree flog というらしいです。
(画像は英語版wikiより転載してます。magnificent って『堂々とした』とか『見事な』って意味らしい)

どう見ても、イエアメの仲間ですよね、これ?
学名はLitoria splendida と表記されてる。

属名にLitoria ってあるからイエアメと同属だし(イエアメの学名はLitoria caerulea )、見た目も似てる。

グーグル先生に聞くと予測検索に『magnificent tree flog care』(care って飼い方って意味)って出てくるから、欧米では普通に販売されていると思うんですよ。

で、和名を探してみても一切見当たらない。
分からない。

それに、これと似たカエルが大宮のハチクラに居たんですよね。
名前はカンムリアマガエルで売っていたと思うけどグーグル先生で画像検索すると全然違うカエルが出てくるし。スパーレルアカメアマガエルでもないしねぇ。

誰か知ってる人がいたら教えて下さい。

と言ってもグーグル先生(日本語版)も知らない事だもんなぁ。

おかしな二人


イエアメの体にまとわりつく、アマミシリケンイモリです。
イエアメの事を岩か何かと勘違いしているんでしょうか?
面白い写真だったので、載せてみました。



アクアテラの陸地部分と水中です。
コツボゴケがなかなか良い味出してますよね。
アクアテラに最適なコケなんじゃなかろうか?

水中のベタは物欲しそうに上を見上げています。


30CUBE全景。

水草もっさり過ぎ。
うーん、リセットしようかな……。

新規導入他


新しい水草を購入しました!
ボルビティス・ヒュディロッティです。

ボルビも非常に好きな水草です。
とりあえず水槽の後景に配置したんですが、うちのモッサリ水槽だと何処にあるのか分からなくなりますね。こんだけモッサリだと通水も悪いんで夏のシダ病が怖いです。

グロッソがやたら伸びていたんでバッサリトリミングしました。
新しく買ってきたロベリア・カーディナリスも植えて、ランナーで殖えたピンナティフィダを何ヵ所かに植え直して……。


あ、ブローサの写真も撮ったんで載っけておきます。いまいち成長が悪いなぁ。またイニ棒でも刺しておきますかね。


明けてしまいました!



皆さん、新年明けましておめでとうございます!

今年は一枚目の写真は未年にふさわしく、この巻き貝です!
レッドでもピンクでも、ましてやブルーでもないただの子羊の角。
そう、インドヒラマキガイです!
色つきでないこいつをラムズホーンって呼ぶことはまぁないですよね。
只のスネール扱いです。

この水槽、実は初めて紹介します。
うちのトリミングで余った水草をバカバカ入れてあるストック水槽です。メチャメチャ小さい20CUBEですがレッドチェリーシュリンプの稚エビと、コリドラスハブローススがいます。
あと、先ほどのインドヒラマキガイが爆殖してます。スネールとして混入してるんで、駆除対象でしたが、面倒臭くなって殖えるにまかせてます。



ストック水槽全景


ハブローススです。

ミニコリ系では一番好きなコリです。
ハステータスやピグマエウスも可愛いですけど、その中で一番コリらしい動きや見た目してますしね。底をモフっている姿が愛らしい。


アクアテラリウムのマダライモリです。

今年はもう一匹増やしたいと思っているんですけど、やはり値段が高いですからねぇ。
今年もハチクラの年始セール狙おうかな。


アクアテラリウムのクリプトです。

自分の植えた場所から生えてきた訳じゃないんで、種類がわかりません。
多分ブローサの水上葉だと思うんですが……。
キーイも植えたけどすぐ枯れたんですよねぇ。

まぁ何はともあれ、今年もヨロシクでーす!
プロフィール

弦太彦

Author:弦太彦
弦太彦(げんたひこ)というものです

熱帯魚や水草、両生類なんかが好きです

箱庭的な楽しさがあるよね!

『知に働けば角が立つ。
 情に棹させば流される。
 意地を通せば窮屈だ。
 兎角に人の世は住みにくい』
最近そんな思いで毎日生きてます(笑)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター