熱帯魚や水草、両生類についてのブログですよ

近況報告③

最後はアルビノアマガエルです

こちらが以前紹介したビバリウムです
最近はコケが安定して増えてきました
ユキノシタも大きくなってきましたね
アルビノアマガエルも餌食い良好です


んでね、こっちがもうひとつのアルビノアマガエルのビバリウムっつーかパルダリウムです


そう、アルビノアマガエル、もう一匹買っちゃいましたw
嫁に『もう生体増やさないって言ったでしょー(怒)』って怒鳴られながらねw

こちらケージは20CUBE水槽で蓋は透明塩ビパンチングボードで自作してます

水中部分には睡蓮鉢で増えたレッドチェリーシュリンプとレッドラムズホーンが入ってます
陸地のコケは主にホソバオキナで

やっぱり餌はレオパゲルで飼ってます






うん、良い顔してらっしゃるw

スポンサーサイト

アルビノアマガエル

苦節1ヶ月半

ようやく人工飼料に餌付いてくれましたよ、コイツが



そう、アルビノのニホンアマガエルです!


買った当日からツノガエル用の人工飼料をパクついてくれて、何てイイヤツなんだ~、と思ったのも束の間……
(これはブログでも書きましたね)

人工飼料を口にしてくれたのは、たったの2日間だけ……
ツノガエル用の人工飼料(練り餌)がイヤだったのか、環境変化を嫌ったのか……

んで…結局……拒食です……

1週間近く色々な人工飼料を目の前で振りまくりましたけどダメでした
レプトミン、乾燥イトミミズ、冷凍アカムシ、ひかりベルツノ……etc.
痩せてくるし、全体的に小さくしぼんでくるし……まぁこうなったら仕方ないですよね
不本意でしたけど背に腹は変えられません……
活き餌として、イエコsサイズくん達にご登場頂きました~

最初はイエコをピンセットで掴んで目の前に持っていっても微動だにせず
しょうがないんでケージに5匹くらい放しておきました
朝起きて、ケージの中を見てみるとイエコが1匹も見当たりません

やっぱ腹減ってたんだなww


(中空を仰ぎ、コオロギを想ふ……)

2~3日後にはピンセットから直接コオロギを食べてくれるようになりました
それから2週間はコオロギをピンセット給餌!
今では竹串に刺した人工飼料を目の前で揺らせば喜び勇んで飛び掛かってきます!

今使ってる人工飼料はコレ!

レオパゲルです!

昆虫食の爬虫類、両生類の強い味方!
ミールワームミールを主原料にシルクワームミールや各種ビタミンも配合されています
このエサの登場は爬虫類、両生類飼育に革命を起こすかも知れませんね(冷蔵保存しなければならないのがタマに傷ですが……)
ピンセットに馴れた昆虫食の爬虫類、両生類は概ねこのエサで維持できそうですし……



何でも食べるこの大親分も当然レオパゲルは大好きですよ~



ホワイティ

いやー、コイツが欲しかったんじゃないんですよ、ホントは

先日、30CUBE水槽に追加する水草が欲しかったんちょっと離れた熱帯魚屋まで足を伸ばしました

店内を一周して、パック売りの水草を何点か手に取り(ブセファランドラ・クダガンが2株1,260円でした!安い!)、熱帯魚コーナーを冷やかし、さて会計に並ぶかって時にコイツと目が合っちゃいました

ジャン!


えっ、何処に何がいるか分からないって?
んじゃもうちょっと寄ってみましょう!

ジャンジャン!


更に寄りますよ~

ジャジャーン!
そう!コイツです!

アルビノアマガエル!

なんと、2,940円也!安っッ!

何年か前にハチクラでアルビノアマガエルって20,000円くらいしてせんでした?
いやー、この値段なら買いでしょ!

ということで帰りに興奮しながら嫁さんに電話をすると、
『んで?もう水槽増やさないって約束じゃなかった?』
とツレナイ返事

まぁそんなもんでしょうね……

とりあえず家に帰って余っているグラステラリウムナノキューブに極床造形君でペタペタとビバリウムを組み上げ、こんな感じに相成りました! 


コケはホソバオキナゴケを買ってきて敷いています
植物はスキンダプサスspムナ島とチランジア・イオナンタを導入しました~

アルビノアマガエル君も導入初日からベルツノ用の人工飼料を食べてくれてるんで嬉しい限りですwww







何ガエル?

最近疑問に思っていることがあります。

それはこいつの事。


Magnificent tree flog というらしいです。
(画像は英語版wikiより転載してます。magnificent って『堂々とした』とか『見事な』って意味らしい)

どう見ても、イエアメの仲間ですよね、これ?
学名はLitoria splendida と表記されてる。

属名にLitoria ってあるからイエアメと同属だし(イエアメの学名はLitoria caerulea )、見た目も似てる。

グーグル先生に聞くと予測検索に『magnificent tree flog care』(care って飼い方って意味)って出てくるから、欧米では普通に販売されていると思うんですよ。

で、和名を探してみても一切見当たらない。
分からない。

それに、これと似たカエルが大宮のハチクラに居たんですよね。
名前はカンムリアマガエルで売っていたと思うけどグーグル先生で画像検索すると全然違うカエルが出てくるし。スパーレルアカメアマガエルでもないしねぇ。

誰か知ってる人がいたら教えて下さい。

と言ってもグーグル先生(日本語版)も知らない事だもんなぁ。

イエアメガエル

我が家のイエアメです。

2012年の春頃から飼育していますのでもう2年半くらいになりますね。

飼育環境はこんな感じ。

40㎝水槽でアクアテラリウムにしています。
イエアメガエルをアクアテラリウム(若しくはビバリウム)で飼育してる人は日本には少なそうですよね。
確かに身体が大きいのでレイアウトした環境には不向きかもしれません。
イエアメと云えば、糞が臭いことでも有名です。確かにこのイエアメもただのプラケースにキッチンペーパーを敷いただけの環境で飼っていたときは臭かった。
アクアテラリウムにした理由の一つはイエアメの臭い対策です。
バクテリアが繁殖したアクアテラリウム水槽で管理していると、排泄物の分解も早く、臭いもかなり押さえられています。
イエアメ飼育に高湿度は厳禁と書いているサイトもありますけど、2年半飼育した感じではそんなことないですね。
海外のサイトやYouTubeを見てみると、イエアメをかなり高湿度なアクアテラリウムで飼育してる人も多いですしね。
(余談ですけど海外ではアクアテラリウムはpaludariumって云うんですよね。結構面白い動画が一杯見られます。あんな環境に憧れますね)

イエアメはとても存在感があって、大好きです。
因みにイエアメの学名はLitoria caerulea(リトリア・カエルレア)って言います。
学名にカエルって入ってるのもいいですね。


あら、こんなところにアマミシリケンイモリ君も顔を出してますね。
プロフィール

弦太彦

Author:弦太彦
弦太彦(げんたひこ)というものです

熱帯魚や水草、両生類なんかが好きです

箱庭的な楽しさがあるよね!

『知に働けば角が立つ。
 情に棹させば流される。
 意地を通せば窮屈だ。
 兎角に人の世は住みにくい』
最近そんな思いで毎日生きてます(笑)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター