熱帯魚や水草、両生類についてのブログですよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヌビアスとブセファランドラ水上葉


アヌビアス・ナナとブセファランドラsp.の水上葉です。

フィルターの配水部分に溶岩石を配置し、その上に活着させておいたら、それなりに見映えがするようになりました。
アヌビアスもブセもかなり高い湿度を保つ必要がありそうですけど、配水部分で常に水が流れてますから元気いっぱいです。
溶岩石にウィローモスも繁茂しまくっていて地の部分がまったく見えませんね(笑)。

マダライモリ

珍しく葉っぱの上に登っていました

チョウセンスズガエル

洞穴の中で佇んでいます
何を考えてるのかな?

最後に水槽全景です。
ピンナティフィダが育ってきました。
スポンサーサイト

パルダリウムの変遷&作り方について

昨年アクアライフで取り上げられてからパルダリウム人口が増えてきましたね。
同好の士が増えるのは嬉しい限りです。
今日はこのパルダリウムの立ち上げから現在までの変遷と、弦太彦流パルダリウムの作り方を紹介したいと思います。


現45㎝パルダリウムは昨年の1月に立ち上げました。
もう一年以上維持しているんですね。
植物たちも概ねは元気に育っています。

【2016年1月頭(立ち上げ時)】

この水槽はyoutube で“paludarium ”と検索して出てくる多くの動画を参考にしています。鬱蒼としたジャングルっぽく植物もっさりな環境。
やはり海外の水槽はそもそもスケールが大きいせいかとても迫力があります。

この水槽を立ち上げる前に約2年ほど30CUBEでパルダリウムを維持してましたが、手狭になったのと、植えられるスペースが限られてきたので新たに45㎝水槽を立ち上げた次第です。

【2016年1月中旬(立ち上げ半月)】

水中部分にクリプトコリネ、陸上部分にいくつか新しい植物を植えました(アスパラガス・ナナスやアグラオネマ。どちらも背が高くなるので今は外していますが……)。
田砂がこなれていなかったせいか、この水中のクリプトは結局すべて枯れてしまいました。

【2016年2月頭(立ち上げ1ヶ月)】

クリプトの水上葉を追加しました(このクリプトは詫び草に入っていた水上葉のものを無理矢理取り外して植栽しています)。
右奥にも穴空き溶岩石を追加。枝状流木をいくつか追加し雰囲気を出してみました。水中にアベニーパファーを導入した頃でしょうか。

【2016年2月末(立ち上げ2ヶ月)】

前回とほぼ変わらず。
若干陸上のクリプトが繁っているかな。
水中のクリプトはまだ溶けてないですね(笑)。

【2016年3月中旬(立ち上げ3ヶ月)】

水槽左のクリプトが繁ってきました。
最初から水上葉でしたのでかなり元気です。
ジュエル・オーキッドも追加しています。
水中のクリプトもまだ枯れてないですねぇ。

【2016年4月(立ち上げ4ヶ月)】

水中のクリプトが枯れてます。
右側の溶岩石の上に赤いクリプタンサスとドラセナ・コンパクタを追加してます。一番綺麗に草たちが繁っていた頃でしょうかね。

【2016年5月(立ち上げ5ヶ月)】

先月に比べて草たちに若干勢いがなくなりましたかね。いまいち元気がないような……。スキンダプサスを導入してますね。

【2016年11月(立ち上げ11ヶ月)】

ブログの更新をサボっていたので一気に6か月後と相成りました。
うーん、また繁ってきてますけど伸び放題の草たち。まとまりを欠いた感じです。

【2017年1月(立ち上げ1年)】

水中にエキノドルス・テネルスとポゴステモン・ヘルフェリーを植栽。
陸上にはオークロを追加してます。

【2017年2月(立ち上げ1年1ヶ月)】

ごく最近のパルダリウムです。
結構繁ってきていて良い感じかな。
陸上に植えたオークロが繁茂して綺麗にグランドカバーをしてくれてます。
またピンナティフィダの水上葉が繁ってジャングルっぽい雰囲気を醸し出してくれてますね。

とまぁこんな感じです。
同じような写真の羅列で申し訳ないです。

でもこうやって見るとちょっとずつマイナーチェンジを繰り返しているのがよく解ります(笑)。



さてここで自分流のパルダリウムの作り方を再度ご紹介します(作成時に写真を撮っていませんでしたので以下文章のみになってしまいます)。

日本のパルダリウム……っていうかアクアテラリウムは基本的に水面から流木で陸地を出すイメージで作られているものが多かったですよね。水面に太い流木が突き刺さっているだけみたいな。
僕は陸生両生類(マダライモリ・スズガエル)の飼育を前提にしたかったんで陸地を大きく取りたかったんです。
上から見たとき陸場と水場の対比を7:3くらいに。
だから『水面から流木で陸地を出す』というよりは『陸地から水場を掘り下げる』というようなイメージで作ってみました。地面から深い水溜まりを掘るイメージ。

とりあえず一番最初にしたことはフィルターの設置です。
僕はいつも水作のSPF(スペースパワーフィット)を使っています。非常にモーター音が静かでお気に入りのフィルターです。
そのSPFにウールマットをぐるぐる巻きにして水槽底面に設置します。ウールマットはモーター部への土の侵入を防ぐためですね。
SPFの設置が終わったら今度はヒーターです。水中部分に熱帯魚を飼育したいですし、陸上でも熱帯植物を育成したかったのでヒーターを設置しています。
ヒーターを水槽に直置きしてからその上に100均のプラカゴを逆さにして被せます(プラカゴはコードを通すために端っこに切れ込みを入れておきます。プラなので工作も簡単です)。
これで上から土をかけてもヒーターが土に埋もれることはありません。プラカゴにウールマットを被せて少しでもヒーター近くに土が流入するのを防いでいます。

フィルターとヒーターの設置が終わったらそのまわりを板状の表面積が大きな流木で囲っていきます。
この板状の流木というのがポイントなんですが、なかなかそんな流木はありませんよね。僕は昔近所のハチクラ(爬虫類倶楽部)で偶然見つけてまとめて購入しておきました。
都合の良い板状流木がなければ、とにかく表面積の大きな流木を使ってください。

ある程度、陸地の形が完成したらウールマットを敷き詰め、まずはパミス(軽石)を敷きます(比較的粒の大きな軽石を敷くことで水底の嫌気化を防ぐため)。
その上にに赤玉土をゆっくり注いでいきます。
本当は栄養面からソイルを使いたいところですがソイルって高いですよね。ですから僕は赤玉土を使っています。結構な量の土を使いますし。金銭的に余裕がある方はソイルの方が良いかも知れません。
赤玉土を注いでいくと、当然流木の隙間から多少土が流出しますので土留めが必要です。
土留めには主に千切ったウールマットを使っています。
最初はウールマットの白さが目立ちますが、そのうち土の色素が染み出すのでしょうか、白色が目立たなくなります。
ウールマットを詰め終え、土の流出が殆どなくなったらこのあたりで注水です。
陸上部分に注水すると(ウールマットで土留めしているとは言え)どんどん隙間から土が流出してしまうので注水はゆっくりと水場で行うようにしてください。
注水後も時間の経過と共に少しずつ隙間から土が流出してしまいますが、流出してはウールマットを詰め、ちょっとした小石や小型流木を詰め、を繰り返しているとそのうち安定してきて土の流出がなくなります。

陸上の赤玉土の上に各種コケ(コツボゴケやハイゴケ、水が滴る様な環境ならウィローモスでもいいですね)を敷いてそれぞれ植物を植えて完成です。

陸上の植物育成に関しての持論ですが『とりあえず興味のある植物を植えてみる』に尽きると思います。
どんな環境であっても枯れるもは枯れるし育つものは育つ。植物にも個体差(っていうのかな?)はありそうです。

あ、当然ですが陸生両生類主体でパルダリウムを作成しているので蓋は必須ですよ。僕の水槽はチャームのアクロ45ですが、何故チャームのものにしたかというと、それ専用の網蓋が一緒に売っていたからです。

さて、(自分の備忘録も兼ねて)長々書いてしまいましたが、こんな感じでパルダリウムを作っています。

皆さんのパルダリウム作成の参考にして頂ければ幸いです。











パルダリウム報告

飽きもせずにパルダリウムに手を加えたので報告させて頂きます。

まずは前景……いや、全景。

大きくは見た目は変わりませんね。
細部を少しずつ変更して行ってますが……。

ハイグロフィロ・ピンナティフィダの水上葉が売っていたんで植えてみました。

ピンナティフィダって良いですよね~。
シダっぽい雰囲気が大好きです。
うちでは水中では状態が今ひとつですが、水上葉はしっかり育ってます。
脇芽もしっかり出ています。

シダ繋がりで、水槽背面のコルクボードからまたよく分からないシダが生えてきました。

まわりのウィローモスの水上葉ともあいまって、鬱蒼とした雰囲気を醸し出してくれてます。
よく分からない草が勝手に生えてくるのもパルダリウムの良いところ。

水中に潜るチョウセンスズガエル

この後、20秒くらい潜ってました……どーした?何か嫌なコトでもあったか?

マダライモリです

オークロ水上葉の上で遊んでます(笑)。
最近はクリプト水上葉(ブローサ?キーイ?)が他の草達の勢力に負けてます。ガンバレ、クリプトコリネ!

最後に久々登場のイエアメガエル。

相変わらず元気です……。

あ、キョーリンのヒカリベルツノ買ってこなきゃ……。



パルダリウムのオススメ生体&草たち

さて、今回はパルダリウムにオススメの生体&草たちについて書いていこうと思います。

あくまでも、うちの環境では適応しておりますが全ての環境で適応するかどうかは個体差があると思いますので、この記事を過信し過ぎないようにしてくださいね~。

【生体編】
パルダリウム向けの(陸地)生体のご紹介。
適度に陸地に出てきて、闊歩してくれる生体達です。

●マダライモリ

パルダリウム(アクアテラリウム)に最適な生体かと思います。高湿度には弱いとされていますが、うちの環境ではあまりそうは感じません。元気に毎日レプトミンを食んでます。クレストが伸びて水中形態に移行する前は完全な陸棲イモリです。入水することもないので、アクア部分の生体にも影響なし。

●チョウセンスズガエル

こちらもパルダリウムには最適かと。
カエルではありますが、基本的にレプトミンで飼育可能です。ピンセットで目の前で揺らせば食いつきます。食いつきは良好。また樹上性ではないのでガラス壁面に張り付くこともなく、ガラス面を綺麗に保てます。
(アマガエル等もレプトミンで飼えますが樹上性カエルは壁面を汚します)

●シリケンイモリ

うちにはアマミシリケンがいます。(イエアメと同居中)アカハラに比べると陸棲傾向が強くかなりの長時間、陸の上にいます。
アカハラは基本的に水棲傾向が強いので、あまり陸に上がりません。殆ど水中にいると言っても過言ではないでしょう。
シリケンイモリもそれなりには水中に入りますので、水中の魚が補食されることもあり得ます。水中部分はかなり大きめに取った方が無難かもしれません。
(魚が逃げられる遊泳スペースが必要)


●バンパイア・クラブ

パルダリウムの陸地の生体としてはかなり優秀かと。結構な頻度で陸地にいますね。
ただし、穴を掘って巣穴を作ってしまうので、多少レイアウトを崩されてしまうかも知れません。また、基本的に臆病で隠れていることが多くあまり前面には顔を出してはくれません。
あと、思った以上に魚とかエビを補食します。シリケンイモリ同様、水場をかなり広めに取った方が良いと思います。



【草たち編】
育成しやすい水草の水上葉や根腐れに強い観葉植物を紹介していきます。
うちは陸上生体がいるので蓋必須。必然的に蓋まで届かない小型の草たちがメインになります。ヤマサキカズラとかも育て易いのですが、大きくなりますのでオープンアクアテラ限定ですよね。

取り敢えず草たちはメンドイんで写真無しで……。

●クリプトコリネ
うちにはウェンティと思しきクリプトと、凹葉系のブローサorキーイが植わってます。ウェンティっぽいやつは詫び草から引っこ抜いて植えました。
凹葉はキーイとブローサの水中葉を陸上に植えたんですが、どちらも程なく溶けてしまいました。んで気がついたら地中から新芽が出てたんですね。結局どっちの水上葉かは分からず終いです。
クリプトの水上葉はかなり高湿度を保たないと難しいと思います。

●アヌビアス・ナナプチ
これも水中葉を引き上げて、水が滴る溶岩石のくぼみに差し込んでおきました。水中葉は葉先が枯れてカリカリになってしまいましたが、溶岩石がモスに覆われだした頃に水上葉を展開して調子を上げてきたんで、こちらもかなりの高湿度を保たないと枯れてきますね。

●オークロ
オーストラリアン・クローバーとかオーストラリアンノチドメとかオーストラリアン・ドワーフ・ヒドロコティレとかハイドロコタイル.spとか云われてますが、うちではあくまでもオークロです(笑)。
アマゾンチドメグサを小型化したような草ですね。
こちらは去年水上化に挑戦したときはイジけて矮小化→消滅と相成りましたが、今挑戦中の株は元気に水上葉を繁らせております。
過去にアマゾンチドメはすんなり水上化してくれましたが環境が良いと大型化&伸びまくりなんでこちらがオススメかと…。

●バコパ・モンニエリ
30CUBEアクアリウムに植えていて、水上に顔を出したものをトリミングして移動してみました。流石バコパの仲間、強いですね。但しドンドン背が伸びますので、かなりの頻度でトリミングが必要になります。

●ポゴステモン・ヘルフェリー
こちらも30CUBEからの移動組。水中葉をそのまま水上に植えたんで葉が枯れるかな~と思ったんですが、そのまま維持できてます。固い葉っぱなんで水上でも強いのかな。シワシワの葉っぱが魅力的です。

●タイ・ストリクタ
ハイグロフィラの仲間です。こちらは睡蓮鉢からの移動組。睡蓮鉢で水上まで伸びまくりだったのでパルダリウムに移行。パルダリウムでもしっかりと育ってますがバコパ同様、有茎草なんで伸びすぎ注意ですね。

●スキンダプサス.sp ムナ島
これは観葉植物ですね。
ムナ島産のスキンダプサスの一種ってことらしいです。スキンダプサスって何?って感じですが、ちっちゃいポトスだと思って頂ければOKです。ポトス同様頑健なツル性植物です。

●ドラセナ・コンパクタ
これも観葉植物です。うちのパルダリウムで育成している植物の中でも最強健種なんじゃないでしょうか。最古参ですし。それに背が高くならないのも良いですね。

●クリプタンサス
ブロメリアやチランジア同様パイナップルの仲間ですね。こちらも多湿な環境に馴染みます。ドラセナ・コンパクタと同じく強健種です。

●ブレクナム・ギッバム
観葉植物でシダの仲間。ロマリア・ギバって云う名前の方が一般的みたいですね。
多湿環境下でも溶岩石にしっかりと根を張って着生してくれてます。かなり大きくなってしまうのがタマに傷。頻繁なトリミングが欠かせません。
ブレクナムというと、アクア業界ではブレクナム・オブツサタムが有名ですよね。高価で手が出ないですが、いかにもシダ然とした草姿に憧れます。

●コツボゴケ
可愛らしい姿をしたコケです。乾燥に弱いので、パルダリウムの様な多湿な環境の方が調子が良いようです。でも水が滴るようなビチャビチャ過ぎる場所も苦手みたいで、そんな場所のコツボゴケは消滅していきました。現在は適度に湿った溶岩石に着生しています。


草たちなんかは植える場所や光の当たり方等ちょっとした環境の違いで育成できるかどうか変わってくると思っています。前に失敗しても、植える場所をちょっと変えたら成功とかも結構ありますしね。
草の育成はとりあえず気に入ったものを植えてみる!環境に馴染む種は残り、そうでなければ枯れて行く。
そんなもんだと思っています。

と、まぁこんな感じです。

皆様のパルダリウム作製の一助になれば幸いです。




パルダリウム

パルダリウムです。

アクアテラリウムって呼称より、こっちの方が一般化してきそうですね。
最近、アクアライフでも頻繁に取り上げてますし、業界をあげてこのジャンルを盛り立てようとしているようです。

現在ポゴステモン・ヘルフェリーの水上化に挑戦中。シワシワの葉っぱが良い感じです。




こちらは水中部分。

やはりポゴステモン・ヘルフェリーを植えています。

その他水上葉

クリプトやらバコパ・モンニエリやら、ミクロソリウムやら。
ジュエル・オーキッドも辛うじて生きてます。


水中から無理矢理上げたオークロ。
去年もオークロの水上化に挑戦したんですが、あえなく失敗。
今年は株が元気なのか良い感じです。


モスがもっさりな溶岩石に活着させたアヌビアス・ナナプチです。
これも完全に水上化してますね。


最後はコツボゴケの上に遊ぶマダライモリです。

今日も元気にレプトミンを食んでおります。


プロフィール

弦太彦

Author:弦太彦
弦太彦(げんたひこ)というものです

熱帯魚や水草、両生類なんかが好きです

箱庭的な楽しさがあるよね!

『知に働けば角が立つ。
 情に棹させば流される。
 意地を通せば窮屈だ。
 兎角に人の世は住みにくい』
最近そんな思いで毎日生きてます(笑)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。