熱帯魚や水草、両生類についてのブログですよ

リセット後のパルダリウム

またいつもと同じような写真になりますが……先日リセットを敢行したパルダリウムです。

まずは全体写真

壁面にオオミズゴケを植えてみました。
コケもっさりと繁茂するまでにはまだまだ掛かりそうですね。

とりあえず植わってる植物たちを再度ご紹介

アヌビアス・ナナ

リセット前に配水が止まって枯れかけていたんですけど、見事復活!

ジュエル・オーキッド(マコデス・ペトラ)

葉脈がキランキランしてます
やっぱマコデスはパルダリウムに映えますね

溶岩石に根付いたコツボゴケです

多湿な環境を比較的好みます。
水がベチャベチャだと一株一株が大きくなりますが、渇いたところは矮小化しますね、コイツ
この上をマダライモリが這うと雰囲気出ます

クリプトコリネ・アクセルロッディ

組織培養のプリンカップの移植なんで、まだまだ株が小さいです
これから大きくなるのかな
今はまだ比較的緑色ですが、ウェンティグリーンなんかに比べるとかなり茶色のクリプトらしいっす

水中のアベニー

右の脇にキューピーアマゾンが植わってます
アベニーの餌はクリルグラニュールパファー1択です

佇むチョウセンスズガエル

レプトミンで維持してもう5年くらいかな?
人工飼料に餌付きやすいのでオススメのカエルです
でも最近は販売してる店も少ないですね
安くて馴れやすいのでオススメのカエルなんですけどねー

コケの上に落ち着くマダライモリ

こいつももう4年近く飼ってます

2014年のハチクラ正月セールで2014円で購入しました
うーん、安かった(笑)

さてさて、そんなこんなでリセット後のパルダリウムのご紹介でした


そろそろ30CUBE水草水槽もリセットせねば……緑の髭ゴケがえらいことになってるんですよね、実は……
リセットして見せられる様になったらまた紹介しますね!




スポンサーサイト

リセット&NEWパルダリウム

毎日暑いですね~。
汗まみれになりながら毎日必死に生きている弦太彦です。

そんな中、更に汗まみれになったという話題です。

ここ最近、パルダリウムに埋め込んでいたスペースパワーフィット(SPF)の配水が悪くなってきました。というより停まってしまいました。
立ち上げてから1年と7ヶ月。
フィルターの目詰まりですね。まぁ致し方ないかな、と。

そんなわけでこの三連休で水槽をリセットして、新しいパルダリウムに仕立て直しました。

とりあえずリセット前の最後のパルダリウム画像です。

SPFからの配水が停まってアヌビアス・ナナが枯れ始めてしまってるんですよね。

つーことでリセット!



水槽すっからかん!

そこから4時間かけてどうにか形にしました。
レイアウトはほぼ変更なし。

アクア部分に底床を入れる前ですね。
側面と背面もまだガラス面むき出しで、土壁はありません。
レイアウトも色々変更したかったんですけどね。流木追加してコケを這わせるとか。
まぁ今のレイアウトも単純で陸地も多く、地上性のイモリやスズガエルに向いてるかなと思いましたのでそのままです。ツリーフロッグとか飼ってるならもっと立体的で複雑なレイアウトも良いんでしょうけど。

例によって新しい水作SPFを埋め込み、ヒーターもプラカゴを逆さにして隠してます。
用土は今まで使っていた赤玉土を半分、新規で導入した赤玉土を半分混ぜて使ってます。土中バクテリアも活かしたかったですからね。
赤玉の流出を防ぐために今回は土留めにヤシガラマットを使用しました。色も茶色で目立ちません。

で、更に2時間掛けて底床の田砂を入れて『極床 造形君』で壁を作って、こんな感じに相成りました。

作製時間計6時間の超大作ですけど……変わってねー。むしろ植物、減ってるし(嫁さん談)。
基本のレイアウト変えてないから、パッと見ても新しいパルダリウムって分からんですわな(笑)。
でもいーんです!本人が気に入ってるからね。

植物やコケもまだまだ貧弱です。
今回は特別新しい植物は導入してません。
陸上にはもともとあったアヌビアス・ナナ、クリプトコリネ、スキンダプサス、ジュエルオーキッド、よく分からないシダが入ってます。
水中はエキノドルス・テネルス、アヌビアス・ナナ、ミクロソリウム、グリーンロタラが入ってます。
植物が育ってないんで何となーく寂しい印象ですね。

ではでは、細部の写真です。

光がいい感じに差し込んでます。


アヌビアス・ナナの水上葉。


写真では見辛いですが、小さな川の流れを作って見ました。
チョロチョロと流れています。


マダライモリ。


スズガエル。

この2匹は環境変わったことに気付いているのかな?

実は前のパルダリウムを立ち上げた時に、溶岩石が転がってしまい、水槽の前面ガラスに小さな小さな傷を付けてしまっていたんですよね。
それがこの1年と7ヶ月、ずっーと気になってまして……。
で、今回は水槽をひっくり返して前後を入れ換えてみました。おかげでキズのないキレイなガラス面に。
些末なことですけど、憂いがなくなると嬉しいものです(笑)。

まだまだ植栽スペース余ってますから新しい水草の水上葉でも植えようかな。

さてさて、これから草達が環境に馴れて繁茂してくれることを祈ってます。
そうすれば、もう少し見てくれの良いパルダリウムになるんじゃないかな。










鬱蒼とした……

鬱蒼としたジャングルの奥地

熱帯雨林の様な雰囲気になってきたかな、と思ってます。


最近、陸上の植物がワサワサと繁りだしたので、バッサリとトリミング。
真ん中に植わっていたドラセナ・コンパクタは網蓋に完全に到達していたので引っこ抜きました。
今ではベランダビオトープの陸地部分に鎮座しております。

全体写真


非常に薄暗いパルダリウムになっております。
サイドの壁面を造形君で被った影響もあるかとは思います。
ある意味目指していたものに近いカタチなんですが、ちと暗すぎかな。



ヤドクガエルここにいたら更に映えるんだろうなぁ、と妄想中……。


パルダリウムに壁の建設

パルダリウムの左壁面に壁を建設してみました。

今まではうしろの壁面は炭化コルクボードを設置していたものの左右の壁面はガラス面剥き出しでした。
しかしやはり鬱蒼としたジャングルを再現するには、ある程度壁面にも苔だの植物だのを生やしてみたかったので、壁の建設に乗り出してみました。

素材は壁面の作成に定評のある極床 超造形君!

こんな感じと相成りました。


ちょっとアップで。

慌てて買ってきたミズゴケを生やしてみました(本当はコツボゴケが欲しかった)。

使ってみての感想ですが、思った以上に繊維が残っていて、まとまり辛い感じでしたね。
もっと粘土質かなと思っていましたが、水を含ませてもあまり固まらないかんじ。
ボロボロとこぼしながらもどうにかこうにか壁を建設してみました。

ということで現在のパリダリウム全景です。


マダライモリとスズガエルの写真も載っけておきます。
相変わらず元気に過ごしております。






ジャングル感が出ていますよね。
個人的には満足しております。

アヌビアスとブセファランドラ水上葉


アヌビアス・ナナとブセファランドラsp.の水上葉です。

フィルターの配水部分に溶岩石を配置し、その上に活着させておいたら、それなりに見映えがするようになりました。
アヌビアスもブセもかなり高い湿度を保つ必要がありそうですけど、配水部分で常に水が流れてますから元気いっぱいです。
溶岩石にウィローモスも繁茂しまくっていて地の部分がまったく見えませんね(笑)。

マダライモリ

珍しく葉っぱの上に登っていました

チョウセンスズガエル

洞穴の中で佇んでいます
何を考えてるのかな?

最後に水槽全景です。
ピンナティフィダが育ってきました。
プロフィール

弦太彦

Author:弦太彦
弦太彦(げんたひこ)というものです

熱帯魚や水草、両生類なんかが好きです

箱庭的な楽しさがあるよね!

『知に働けば角が立つ。
 情に棹させば流される。
 意地を通せば窮屈だ。
 兎角に人の世は住みにくい』
最近そんな思いで毎日生きてます(笑)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター