熱帯魚や水草、両生類についてのブログですよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひさしぶりです

いやはや、とんでもなく長い間、ブログの更新を滞らせてしまいました(汗)。

一回更新するのをやめると、何となく再開するのが難しくなっちゃいますね。


でも、自分の備忘録も兼ねてのブログなんで、とりあえず更新して今の現状を記録していきます。

現在のアクアテラリウムです。


最近はアクアライフとかでもかなり取り上げられてますよね。
植物メインの育成環境の『パルダリウム』って呼称の方が定着してくるかも…。

この水槽もアクアテラリウムよりは『パルダリウム』の方がしっくりくるかな。

マダライモリとチョウセンスズガエルも元気いっぱいです。相変わらず毎日レプトミンに飛びついてますよ。



そういえば最近チョウセンスズの腹の赤さが薄れてきたような気がします。
レプトミンばかり餌にしてるからかなぁ。

アベニー達も元気にしてます。



続いては30CUBEのアクアリウム。


3か月前の夏休みに大幅リセットを敢行。
底床はソイルをやめて田砂にしました。

底床が田砂で、さらに木化石やら入ってます。
いやー、リセット直後からの1ヶ月は水草が枯れること枯れること。
田砂に石という環境なんでpHがアルカリに傾いていたんでしょうね。
更に恐らくかなり硬度が高い環境なんでしょう。
まぁ測ってはいませんけど(笑)。

大概の水草は弱酸性の軟水を好む様ですから枯れるのは当たり前っちゃあ当たり前なんですよね。種水使ったとは云え、水も出来上がってなかったでしょうし。ブリクサなんて入れて3日で消えましたよ(笑)。


でも、2ヶ月経った頃にこの水草、ポゴステモン・ヘルフェリーを入れてみたんですよ。
そうしたら意外と難種と云われているこの水草が元気に育つこと育つこと。
どうやらこの水草は高硬度のアルカリよりの水質を好むそうな……。
うちの環境に合ったんでしょうね(笑)。




コリドラス・ハブローススやグリーンネオンも入っておりますが、一応主役は南米淡水フグとなっております。





でも、メインがフグなんでメンテナンスのエビを入れられません。ヤマトもミナミも只のエサと化してしまいますからね(それでもミナミは水草の陰で細々と増えてますが……)。
お陰で緑の髭ゴケとアオミドロがスゴいことに。テデトールでの対処が大変です。

クリプトやオークロ、ブリクサ・ショートリーフも何とか育っております。
底床がこなれてくれば、田砂でも水草水槽にする事は不可能ではなさそうですね。


でもなぁ、大好きなピンナティフィダは育たないんだよなぁ。









スポンサーサイト

代わり映えないですが(笑)

久々の更新です。

といっても特に書かなければいけない様なことはないんですけどね。
基本的に現状維持です。

そんな訳でまずはアクアテラリウム。

若干、植物たちの元気がなくなりましたかね?
まぁ現状維持って実はすごーく難しいですよね。
だからこそ無常なんて言葉があるわけだし。

そうそう、またクリプトコリネ・ブローサ(キーイかも……)の花が咲きました。

毒々しいのも、また美しさですよね……多分…。


マダライモリ、チョウセンスズも元気です。




水中のアベニー。
ホバリングしながらユ~ラユラ。

今日も元気にクリルグラニュールパファーを食んでおります。

さて、続いては我が家のビカクシダ。
コウモリランの方が一般的ですかね。
でも蘭じゃなくてシダなんで、ビカクシダって呼んでます。

若干2歳の息子にも大人気の我が家の壁掛け観葉植物です!


さて、最後は久々のアクアリウム。
30㎝キューブです。

うーん、非常にみっともない水槽ですね。モスが延びまくりですし、全体的に纏まりがなさすぎです。
リセット必至!

住人(魚)の南米淡水フグ君です。



3匹いるんですが、皆穏和で平和に暮らしております。
ミナミヌマエビやレッドラムズホーンと同居してますが一切襲わないですしね。
テトラベタに餌付いているからかな?

基本的に、南米淡水フグはエビや巻貝襲いますから、まぁ個体差なんでしょうねぇ。





カニリウム

皆さん、こんばんは!

あごヒゲを生やした坊主頭の事務屋、弦太彦です。

先日、取引先から事務方の人間には見えなかったと云われ凹んでおります。
風貌だけ見ると土木現場の職長かと思われたようで……。

こんな風体でも趣味は読書とアクア系といったインドア派なんですけどね…。
まぁ最近は全然本なんか読んでないですけど(笑)。

さて、本日はうちのカニリウムを紹介します。

カニリウム遠景です。

20㎝キューブ水槽にバンパイアクラブが二匹います。水中部分にはレッドチェリーシュリンプが一匹。

一匹目のバンパイアクラブのアップ

陸上部にはハイゴケが繁茂しています。
ハイゴケももっと匍匐をして欲しいんですが、出窓からの太陽光が強いせいか、かなり徒長気味。

二匹目のバンパイアクラブ

全体的にオレンジ掛かった色をしています。餌はレプトミンと乾燥イトメ。

このテラリウムもいまいち気に入ってないんで近々リセットしたいもんですね。

ドワーフクラブは小型水槽のテラリウムでも飼育できるし、アクアテラリウムの陸上生体としてはかなり優秀なのではないしょうか?

これからアクアテラリウムを始めたい方にはオススメですよ~。単価も安いですしね。

近況報告~!

御無沙汰しております。

毎日疲れますよね。
宝くじでも当たらないかなぁ、と切に思う今日この頃。
皆さん如何お過ごしでしょうか?

とりあえずの近況報告をば。

我が家のメイン水槽。

45㎝アクアテラリウム(paludarium)です。
全体的に植物を増やしました。 

前々から気に入らなかった水槽の右側に赤系のクリプタンサスとドラセナ・コンパクタを追加。

マダライモリも楽しそう?

水槽左手前のジュエルオーキッド(マコデス・ペトラ)とクリプトコリネ・ブローサ(キーかも……)です。

そうそう、このクリプト、先日花をつけました。

花をつけても、素人の僕では種の同定なんかできません。誰か判る方いたら教えて下さい。

水槽左奥の様子です。クリプトの水上葉が繁茂していていい感じ。侘び草のクリプトMixから引っこ抜いたんで、やっぱり種類はわかりません(笑)。

クリプト脇のちっちゃなポトスみたいなのはスキンダプサス.sp ムナ島です。
水草もそうですけど、観葉植物って学名から流通名を付けてるモノも多いんで難しい名前ばかりですね。

チョウセンスズガエル君です。

いつもと変わらぬ光景ですね。

アクア部分のアップ。

アベニーは元気なんですが水中に植えたクリプトコリネ・ウェンティーは見事に溶けました(悲)。クリプトは水上葉の方が安定してますねぇ。

一方こちらは30キューブのアクアリウム。

スクリューバリスやキューピーアマゾン、クリプトコリネ・ウェンティー・トロピカが入ってます。
南米淡水フグも元気ですよ~。
いまいちレイアウトが気に食わないんで、遠からずリセットしますけど。

んで、昨年から育てているビカクシダ。
たぶんビフルカツムです。

リドレイとかが人気ですが、僕はスパーバムが欲しいなぁ。
あ、因みに『ビカクシダ』って実はビフルカツム(プラティケリウム・ビフルカツム)の和名なんですって。
標準和名として『オオビカクシダモドキ』(コロナリウム)、『ナガバビカクシダ』(ワリシー)なんかもあるらしいです。


最後にいつも元気なイエアメガエル君です。

最近は夜中によく鳴いて、僕の眠りを妨げてくれます。
まぁ元気なのは良いことなんですけどねぇ……。

ビカクシダ

昨年9月頃から育てているビカクシダです。多分ビフルカツムだと思います。


最近漸く貯水葉が出てきました。


最近はビカクシダのスパーバムが欲しいと思ってます。




プロフィール

弦太彦

Author:弦太彦
弦太彦(げんたひこ)というものです

熱帯魚や水草、両生類なんかが好きです

箱庭的な楽しさがあるよね!

『知に働けば角が立つ。
 情に棹させば流される。
 意地を通せば窮屈だ。
 兎角に人の世は住みにくい』
最近そんな思いで毎日生きてます(笑)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。